(1/1) 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

2012年は日本だけではなく世界のアルティメットに歴史を刻む世界選手権を実施しました。ウィメンが優勝をしたその瞬間、運営側としても、日本チームの応援団としても、感動に震えたのを忘れることができません。決して良い事ばかりではなく、水面下ではさまざまな課題が...。ただ、それも次につなげるための試練であり、乗り越えられるもの、として組織一丸となって取り組んできました。

国内大会では、ライブスコアの発信、動画の自主制作など、試行錯誤しながらも情報を目に見える形で届けてきました。「アルティメットって20数年見てるけど、最近ますます面白くなってきたね」という声もかけていただきました。中学体育の指導選択科目としてもアルティメットが採用され、ユース世代に向けた取り組みにも力を入れることが出来つつあります。

日本国内におけるアルティメットは今年で38年目を迎えます。ただ、マイナースポーツ、ニュースポーツの域を脱することはまだ出来ていません。2013年からはマイナー域からの脱却、そしてメジャーなスポーツとして存在感を出せるよう、競技者の皆さん、アルティメットファンの皆さんとともに協会一同取り組んでいきたいと考えています。

2013年のキーワードは【共感】。

皆さんは、ご自身のアルティメット観をより多くの人に共有/シェアいただき、アルティメットの魅力を伝えていってください。アルティメットをプレーすること、アルティメットを応援することに誇りを持ってください。その想いはきっと周りの人に伝わります。アルティメットに出会い、アルティメットと共に育ち、アルティメットにどっぷり浸かって、振り返ったときアルティメットが好きでよかったと思える、そんな場を日本アルティメット協会は提供していきます。オリンピックは【夢】ではありません。想いは実現してこそ、です。

2013年が皆様にとって更なる飛躍の年となるよう、心からお祈り申し上げます。

2013年 元旦
日本アルティメット協会